確認の際はとにかく間違いないことを伝える

審査を受けるときに、必ず確認作業が行われるのですが、この時に間違っていないことを示すことは大事です。言葉のニュアンスによって、実は間違った捕らえ方をされることにより、時間がかかってしまうこともあります。はいだけでは伝わらないこともありますので、間違いありませんと答えたほうが早く進めることができます。

自分で全てを言わなければならないような場合は、入力した情報と間違いが無いように、色々なものを確認してから話をしておくといいです。さらに番号などの確認をされるときは、その情報で間違いが無いことを伝えるために、間違いありませんと話をしておくことになります。間違っている場合は、この部分が違いますとしっかり話して、間違っている情報がそのまま使われることが無いようにしてください。こうして情報確認を進めていくと、間違っていることが起こらなくなります。

どうしても確認作業は、はいとだけ答えて適当に進めてしまいがちですが、間違いありませんと話をしたほうが、実はスムーズに進めることができます。さらに自分が復唱することになった場合は、色々なものを見て正しいことを把握してから、とりあえずカードローンの審査を進めるといいです。


このページの先頭へ